洋食と和食

洋食が好きという人もあり、和食に限るという人もあります。
和洋両方の朝食を用意しているホテルの食堂を見渡すと、和食の方が圧倒的に多いことに気づくでしょう。

日本人が和食を選ぶのは当然でしょうが、ここには大きな問題が潜んでいます。

それはタンパク質の量の問題です。

ホテルの和風朝食のタンパク質の有効量は約12グラム、洋風朝食のそれは約18グラムと見てよいでしょう。もちろん、全部を平らげての話です。

ここには50%の差がありますが、これは和食と洋食との違いを象徴するものです。洋食は和食よりもタンパク質に富むのです。

和食を与えたネズミと、洋食を与えたネズミとで血圧を比べると、前者の方が後者より高くなります。

ためしに和食から塩気を抜いてみても、和食ネズミの血圧は、やはり洋食ネズミの血圧より高い。

和食を食べる習慣の人の血圧が、洋食を食べる習慣の人の血圧より高いのは、食塩の多少によるのではなく、タンパク質の多少によるのです。

和食に傾く人は、タンパク質の補給に留意しないと、高血圧をはじめとする低タンパク食の弊害に見舞われるでしょう。


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793