背骨はどう歪むか

四足動物から人間への進化は、胴体の縦長から横長への変化です。

背骨が横向きに捻じれるのは、縦向きの(前後の)自然弯曲が捩じれたものと考えられます。

前後方向の自然弯曲を持つ背骨が左へ回転すると、腰椎が左、胸椎が右にくる逆S弯曲となります。

背骨の弯曲としては、このタイプがもっとも多いです。

骨盤の捻じれとして考えると、左回旋(右前)が多い。

捻じれや歪みが生じる原因は、両脚と両腕の左右差によって、左右の釣り合いが破れることにあります。

左右の釣り合いが破れると、脚と腕の位置、つまり股関節と肩関節とが微妙に左右でズレて、やがて背骨の捻れ・歪みへと発展していきます。

 

 


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793