脳卒中は予防できるか

脳卒中は、「脳出血」と「脳梗塞」とに大別されます。

脳出血は、さらに、脳内出血とクモ膜下出血とに分類され、脳梗塞は、さらに、脳塞栓と脳血栓とに分類されます。

その詳しいことはともかく、脳出血は脳の血管の破裂であり、脳梗塞は脳の血管がつまったのです。脳梗塞の場合、脳の一部の血行がとまるので、その部分の組織は壊死して軟化します。「脳軟化」がこれです。よいよいや中風は、脳卒中の後遺症です。

脳出血の予防は、脳の動脈壁を強化すれば、可能になるはずですし、脳梗塞の予防は、脳の動脈硬化を修復すれば可能になるはずです。

血管壁の強化は、結合組織の強化を意味しますから、正常なコラーゲンの合成があればよいことになります。そこで、タンパク質とビタミンCとがクローズアップされます。

また、動脈硬化の修復の道は、血液の粘度の低下からひらけてきます。そこで、ビタミンEによって過酸化脂質の生成を防ぐことが必要になります。ビタミンEによって、粥状硬化(アテローム)は改善されます。

強いストレスがあると、ビタミンEやビタミンCの大量消費があるので、脳卒中の引き金をひくことがあります。

 

 


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793