野菜のメリットは何か

野菜食という言葉があります。
いわゆる自然食が野菜を重視することは、誰もが知るところでしょう。

ここで野菜に期待するものは何でしょうか。

農薬とビニール栽培のもののビタミンC含有率は、昔のものの16%に低下した、という説があるほどで、期待をここにおくことは無理のようです。

現実に今日の野菜に期待するものは、多糖体、カリウム、ビタミンKの三者に絞られてよいでしょう。

多糖体は全ての植物にありますが、その効用は種類によって違います。

デンプンは消化可能ですが、セルロース(線維素)やペクチンなどは消化されずに腸内細菌のエサになります。

100種以上あるといわれる腸内細菌が一定の棲み分けをすることは、腸の健康維持のための条件となります。そこで、エサの供給が必要になるわけです。

腸内細菌が順調に活動すれば、大腸憩室もできにくいです。

カリウムとナトリウムのバランスは健康のための条件です。

昔の「粗製塩」はカリウムを含んでいましたが、今の「精製塩(イオン塩)」はそれを含みません。

ビタミンKは、野菜や海藻以外には求めにくいです。

 


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793