施術者

『どんな小さな問題でも正確な判断をするために、カウンセリングを最重視しています。』

人は、時間や場所、資質、栄養条件、既往歴、薬剤使用歴、喫煙、飲酒、職種、反復動作歴、精神的ストレス、家族歴、幼少期の体験などの複合的な要因によって、現在のコンディションを形成しているため、多面的かつ深くヒアリングをすることを常に念頭に置き、総合的な仮説を立ててから施術に取り組むよう心がけています。

<所属>
マニュアルメディスン研究会
日本オステオパシープロフェッショナル協会
日本クラシカルオステオパシー学会
日本スポーツリハビリテーション医会