喘息(ぜんそく)を自分で治す

ぜんそくの大部分は、いわゆる気管支喘息です。気管支は末端では直径0.1ミリにも足りない細い管ですが、どこまでも環状の筋肉に取り巻かれています。その筋肉が全面的に収縮すると管が閉じ、肺の中の空気は外に出られなくなります。これが気管支喘息です。

気管支の筋肉は、プロスタグランジンの仲間のロイコトリエンによって収縮します。ぜんそくはロイコトリエンのしわざです。

ぜん息の発作を抑えるのにはステロイドが定石ですが、このホルモンにはプロスタグランジンの生成をブロックする作用があるためです。

一方、プロスタグランジンE1には、ロイコトリエンに拮抗する働きがあります。プロスタグランジンE1はガンマリノレン酸から誘導されます。だから、ガンマリノレン酸を大量にふくむ月見草油が喘息によいといわれるのです。バターも良いわけですが、いずれにしても、フィードバックがうまく行かなければ、自力でなんとかすることはできません。プロテイン、ビタミンD、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどをおすすめします。

なお、ぜんそく患者では、首すじ、肩甲骨のまわり、胸の上部などにひどいコリがあります。早く治したい場合、適切な整体をお受けになるとよいです。

 

     


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793