白内障・緑内障の予防

眼病について

高齢者の目が悪いのは通例です。多いのは老人性白内障です。これは、水晶体のタンパク質が活性酸素にやられて変性し、不透明になる病変です。白内障の患者では、水晶体のSOD活性の低下、ビタミンC濃度の低下などが見られるといいます。

また、眼圧が高くなる緑内障という眼病も高齢者に多い。これは、角膜の後ろの前房と呼ばれる部分に存在する前房水の灌流が悪くなる病気です。これの病因の一つとして、前房水の酸化による粘度の上昇が想定されています。抗酸化物質の投与によってこれが全快した例は枚挙に暇がないそうです。

活性酸素除去物質の摂取は、白内障予防にも緑内障予防にも効果をあげるでしょう。それどころか、難聴予防にも白髪予防にも効果をあげるでしょう。

活性酸素は、秩序崩壊の促進者です。活性酸素除去物質の摂取によって、白髪が一本残らず根元から黒くなった80歳の方がいるそうです。

 

 


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793