線維筋痛症を自分で直す

線維筋痛症(Fibromyalgia)

線維筋痛症(せんいきんつうしょう、英: Fibromyalgia:略FM)または線維筋痛症症候群は、全身の骨格筋に激しい痛みやこわばりが生じるリウマチ性疾患である。英語では、症候群であることを表現して、Fibromyalgia Syndrome:略FMSとも記される。原因不明の全身の疼痛を主症状とする。疼痛は腱付着部炎や筋肉、関節などにおよび、体幹や四肢から身体全体に激しい疼痛が広がる。新興疾患では無く、以前は「非関節性リウマチ」「心因性リウマチ」「軟部組織性リウマチ」「結合組織炎」「結合組織炎症候群」などと呼ばれていた。なお、似た疾病として慢性疲労症候群、過敏性腸症候群、化学物質過敏症、シックハウス症候群、顎関節症、間質性膀胱炎、湾岸戦争症候群、複雑性局所疼痛症候群などがあげられるが異なる疾病概念である。

線維筋痛症と診断される方の多くは、体調不良、体中あちこちの痛みを訴えます。
医師の処方では、リリカ、ロキソニンなどを投与されることが多いです。しかし、痛みはどんどん強くなり、薬の副作用で胃痛も出てきます。

線維筋痛症の主原因は、長年の糖質摂取過多による身体(体タンパク)の糖化です。

血液検査の数値では、アルブミンの低値、尿素窒素の低値、フェリチンの低値がまず見られます。

したがって、高タンパク低糖質食+プロテイン(毎日、卵3個、肉200g、プロテイン40〜60g)。
ビタミンB群+ビタミンC+ビタミンD+ビタミンE+鉄+亜鉛+カルシウム+マグネシウム(400〜2000mg)を個体差に合わせて高容量摂取。
ビタミンCは一日量9g(朝昼晩3gずつ)で開始し、お腹が緩くなるまで増量。緩くなったら、緩くなる手前まで減らします。

なおるまで数年かかります。薬の使用が多いほど時間がかかります。

しかし、きっちり実行できれば、自力で完治可能です。

完治までにかかる期間を早めたい場合は、全身の整体施術の併用を推奨します。