腰部には歪みやすい関節が集まっている

〜逗子・葉山・鎌倉の整体【Reformer逗子院】のコラム〜 

 

《腰部には歪みやすい関節が集まっている》

 

腰痛を訴える方を触診すると、腰、臀部の広い範囲が硬くなっていることがわかります。腰部には、骨盤の仙腸関節と恥骨結合、それに腰仙関節、股関節と多くの関節があり、これらにズレが生じているためです。

時折、骨盤は動かないものと考えている方がありますが、誤解です。一歩歩くごとに、骨盤にある左右の仙腸関節と恥骨結合は動いています。

仙腸関節というのは、仙骨と腸骨が作る関節です。片足で立って、もう一方の脚を上げ下げしながら、そちら側の関節部に手を当ててみると、動くことがわかるでしょう。恥骨結合もまた、結合部は軟骨と靭帯でできており、動きます。

動くものはズレるのです。これを総合的に判断して、直すことが必要です。

施術家のなかには「腰痛では仙腸関節、または恥骨結合がズレる」という方がありますが、骨盤のズレを複合的なものとしてとらえられている方は少ないかもしれません。

腰痛を訴える方を整体施術してきたなかで、骨盤のズレが一箇所だけだったということはほとんどありません。左右の仙腸関節と恥骨結合の三箇所がズレています。

さらに、腰仙関節と股関節の問題があります。

腰仙関節は、骨盤の仙骨と腰椎の一番下の椎骨の間にある関節です。仙骨は骨盤の一部ですから、脚に支えられています。一方、腰椎はいうまでもなく背骨の一部ですから、上に並んだ椎骨と協同して動きます。

このため、双方が異なる動きになってズレが生じやすいのだと考えられます。腰が上半身と脚をつなぐ要の部分であることを考えると、こうした問題が起こるのも致し方ないといえるかもしれません。

股関節のズレも、頻繁に発生します。骨盤には腸骨、坐骨、恥骨で成り立っている寛骨というものがありますが、股関節はこの寛骨に大腿骨の先端がはまった形をしています。

ここがズレると、全身の筋が硬くなり、とくに近い部分にある腰、臀部が強く拘縮して、腰痛が起こります。

また、股関節は肩関節と同様に癒着することもあるので、注意が必要です。

骨盤と腰仙関節、股関節は、密接に関係しあっているので、総合的に判断・施術をする必要があります。

 

 


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793