体が硬くなる

①体が硬くなる

→これは説明するまでもありませんが、筋肉や組織(以降、筋肉や組織と書くところを筋肉と記述)が硬くなり縮んでいるため関節が充分動かない(可動域の減少)という現象が起こります。体を動かす(関節運動)時、必ず一方の筋肉が縮まりますが、そのとき反対の筋肉(拮抗筋=伸筋)は伸びる必要があります。それが「こり」で縮んでいるため伸びないから運動が制限されるのです。
前屈したとき指が床に届かない。後ろ側の筋のこりによるものです。前屈が充分できない場合は後屈も捻じり運動も不充分です。


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793