引きつけとは何か

引きつけの正しい名称は痙攣です。

これはちょっと考えてわかる通り、筋肉の異常現象に他なりません。

筋肉には、意志によって支配される「随意筋」と、意志と無関係に自律神経によって支配される「不随意筋」と、二種のものがあります。

随意筋を支配するのは「運動神経」以外のものではありません。
この随意筋が、運動神経の支配を拒否し、不随意的につっぱり、あるいはひくひく動くとき、これを痙攣といいます。このとき、神経支配のメカニズムは狂ったわけですが、その異常を起こす部位は、大脳、中脳、小脳、延髄にまたがっています。

引きつけにつながる神経障害の原因としては、赤痢、一酸化炭素中毒、てんかん、ヒステリー、脳膜炎、破傷風、脱水症、鉛中毒、動脈硬化、脳腫瘍、脳卒中など、多様なものがあげられます。

筋肉には、「伸筋」と「屈筋」とがあります。前者は関節を伸ばす筋肉、後者は関節を曲げる筋肉です。

引きつけには、全身の伸筋が強く収縮するタイプがあります。このとき、手足は棒のようにつっぱり、上体も首も後方に強くのけぞります。

全身の筋肉が周期的に収縮し、手足や首がひくひく動く症状は重大です。


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793