胃下垂の原因と治しかた

胃下垂という名の内臓の異常があります。

これは一つの状態であって、必ずしも自覚症状を伴うものではありませんが、決して好ましいものではないです。

常識で考えてもわかることですが、胃の最下部がヘソより下までおりていれば、腸も下垂している場合が多いです。

肝臓、脾臓、腎臓などの下垂を伴うこともまれではありません。

こうなれば「内臓下垂」です。

胃下垂は日本人に多く、欧米人にほとんどない、ということです。

そしてそれは、低タンパク食と高タンパク食との違いによる、といわれています。

低タンパク食だと、結合組織のほか、腹筋や腹壁筋が弱くなって、内臓を正常な高さに支えることが出来なくなるのです。

これは、筋肉がタンパク質でできていることを考えれば、当然のことと言えます。
筋萎縮症、筋ジストロフィーなどの筋肉の病気も、低タンパク食の場合のほうが、起きやすいのではないでしょうか。


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793