自然食・オーガニック食品の原理は何か

わたしたちは、自然界から食品を得ています。だから、大きく見れば、わたしたちの食事は自然食です。人造タンパク食品が出回ったとき、はじめてわたしたちは、非自然食にぶつかるわけです。
もちろん、常識的な自然食、いわゆるオーガニック食品は、これとは違う意味を持っています。

それは、農薬も化学肥料も使わない米や野菜、自然の牧草で育てた牛の乳や肉、庭先で飼ったニワトリの肉や卵、などを主材料とする食事を指すことになります。
農業人口と都市人口との比が今日のように小さくなった時点では、自然食がいかに優れたものであっても、それを多くの人のものにすることは、できない相談です。

要は、非自然食の価値を、自然食の価値に近づけることの可能性でしょう。
両者の差の実体は、汚染物質の多少と、ビタミンの量の多少との二点につきます。

そこで、汚染物質の濃縮された食品を避け、ビタミンの補給を心掛ければ、両者の差は近似的にゼロになるだろうと考えます。

何も自然食・オーガニック食品にこだわる必要はない、というのが結論です。


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793