その椎間板ヘルニア診断は正しいか

《その椎間板ヘルニア診断は正しいか》

 

腰痛で病院を訪れて、腰椎のレントゲン検査を受けた経験のある方は多いことでしょう。現代医療の現場では、腰痛が起こった原因として「腰部の骨・関節および脊髄の異常」を真っ先に疑う傾向があるからです。

脊髄の異常は稀ですから、これはつまり椎間板ヘルニアの可能性を考えているということです。

椎間板は椎骨の間でクッションのような役目をしていますが、中心部にある髄核が周囲にある繊維輪の傷ついた部分からはみ出すと、神経を圧迫し、激しい痛みやしびれなどの症状を引き起こします。

問題は、レントゲン検査の結果、椎間間隙の狭いものや、過去に起こった椎骨の異常までが、椎間板ヘルニアと診断されることにあります。そして、牽引などの治療法が行われますが、なかなか治りません。

その結果、数多くの方々が慢性腰痛で苦しむことになるのです。さらに坐骨神経痛が誘発され、脚にまでひどい痛みが出ることも少なくありません。
現代医療は重大な点を見落としています。椎間間隙が狭くなる原因は、骨盤などのズレ・歪みにあるのです。

骨盤がズレると、腰筋や腹筋が硬く凝り、背骨に縦の圧迫力が働いて、椎間板が圧迫されます。椎骨が圧縮されることはありませんから、その結果、間隙が小さくなるというわけです。

坐骨神経痛についても、そもそもの原因は骨盤などの歪みにあります。”こり”によって血液の循環が悪くなったため、坐骨神経が痛みを発しているのです。


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793