ハゲはなおせるのか

ハゲには、円形脱毛症のような局部的なものと、全面的なものとがあります。いずれにしても、ハゲになる前に、その部分の毛が細くなります。そして、十分に伸びないうちに抜けてしまいます。

この過程を考えてみると、ハゲという現象は、毛の実質の減少に結びついていることがわかります。毛は皮膚の変形ですから、やはり細胞でできています。毛が細いということは、細胞の数が少ないということです。そしてまた、細胞の数が少ないということは、毛根のところでの細胞分裂が十分でないということです。

細胞分裂という現象は、いわば若さのあかしであって、加齢とともに、これは鈍ってきます。年をとって、毛が細くなり、ハゲてくるのは、細胞分裂が盛んでなくなった結果なのです。

そこで、細胞分裂を妨げるものは何か、という問題が出てきますが、これが不飽和脂肪酸の自動酸化による可能性は大きいです。そこで、これを阻止する「酸化抑制物質」がハゲの予防や治療に効果をあげるでしょう、ということになります。ビタミンEやセレンの服用がクローズアップされます。

 


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793