腋臭(ワキガ)の原因と治しかた

皮膚科領域での問題の一つに「腋臭」があります。

これは、患者の汗腺アポクリン腺から、特別なにおい物質が分泌される病気です。

検査によれば、患者のアポクリン腺の特徴は、そこに鉄が存在することです。

この鉄が触媒となって、皮脂に含まれる不飽和脂肪酸を酸化することによって、悪臭が出るもの、と考えてよいです。

その証拠として、患者のその部位の皮膚に含まれるビタミンE(d-αトコフェロール)の量が、正常人の三分の一にすぎないという事実をあげることができます。

腋臭は、ビタミンE(d-αトコフェロール)で救うことができそうです。このとき、ビタミンCとの併用塗布がよいでしょう。

 


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793