放射線はなぜ悪いか

放射線とよばれるものは一つのものではなく、アルファ線、ベータ線、ガンマ線の総称ですが、それらに共通していえることは、いずれもが大きなエネルギーを持って、一直線にやってくることです。アルファ線、ベータ線は素粒子が実際に飛ぶものですが、ガンマ線は電磁波であって、X線の仲間です。ただし、X線は波長が長いために、ガンマ線よりエネルギーが弱いことになります。

X線をも含めた放射線が人体に照射されると、そこにある水分子が一過性に解離して「遊離基」という異常に活性の高い原子団になります。

この遊離基がDNAを攻撃するのです。その結果は、DNAの損傷であり、突然変異です。

放射線の照射がガンの治療に利用されるのは、水の遊離基によってガン細胞のDNAに損傷を与えるためです。ガン細胞は分裂が盛んですが、分裂中のDNAは損傷しやすいのです。

原爆のような強烈な放射能は、生体を構成する原子の核に作用して、これを放射性元素に変換させる可能性をもっています。

したがって、治療用の放射線は、これを避けるべく、微弱なものになっています。

ただし、変異原性、すなわち、発ガン性の危険をはらんでいます。  

 


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793