痛風はどんな病気か

夜中に、あるいは明け方に、足の親指の付け根のあたりが急に痛みだし、気がつくと、そこが赤く腫れて熱をもっている。このような症状があれば、りっぱな痛風です。

最初の激痛が、手や足の関節にくることもあります。この激しい症状は、数日で解消しますが、忘れたころになって、また急に発症することを特徴とします。それを繰り返しているうちに、無症状の期間がだんだん短くなります。はじめは、年に1〜2回だったのが、ちょくちょく起きるようになります。

すべて生物のからだを構成する細胞には核があり、核のなかには核酸があります。DNA、RNAがそれです。

その核酸の成分に「プリン体」というものがあります。これは骨髄などで「尿酸」にまで分解され腎臓から捨てられます。この尿酸の血中濃度の異常に高い人の一部に痛風が起きます。痛風の患者には尿酸の結晶が発見されます。

尿酸が蓄積される原因としては、それを分解する酵素の活性低下、それの腎臓からの排出の阻害などが考えられます。

多くの痛風の原因は後者にありますが、結局、これは腎機能低下によります。

筋肉細胞は多核であるために核酸の含有率が高いので、肉類の多食を痛風の原因とする説もありますが、疑わしいです。

美食、大酒の人に患者が多いのは統計的事実です。

 

 


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793