ピラティスとヨガの違い

ピラティスはヨガと混同されることが多いのですが、ピラティスとヨガではその目的が大きく違っています。

日本におけるヨガは、エクササイズやフィットネスとしての認識が強いのですが、もともとヨガは宗教的な修行法から始まったもので、心・体・魂を整える(融合させる)ことを大きな目的としています。

ヨガは”夜の神経”と呼ばれる副交感神経に働きかけ、心と体をリラックスさせる効果があります。

一方、ピラティスはリハビリ用のトレーニングとして考案されたもので、身体機能の向上を大きな目的としています。体の不調を根本的に変えたい場合、姿勢や身体のクセを矯正することが重要であるため、マンツーマンでのプライベートピラティスが非常に有効です。たとえば、肩の高さが違う、骨盤の歪み(左右差)、脚の長さが違う、などのお悩みを解決することができます。

また、ピラティスは”昼の神経”と呼ばれる交感神経に働きかけるため、心と体をエネルギッシュな状態にすることができます。

 

 


整体院&ピラティススタジオ【Reformer逗子院】
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2階
☎︎
050-5884-7793