下腹ぽっこりにはピラティスダイエット

痩せているのに下腹だけぽっこりと出ている。

ダイエットして体重は減ったのに、下腹は変わらない。

このような悩みをお持ちの方は多くいらっしゃいます。

年齢のせいだと諦めている方もいるのではないでしょうか。

しかし、諦めることはありません。

そもそも、下腹だけ出てきてしまうのはなぜでしょうか

短絡的に言ってしまうと、内臓が下がってその周囲に脂肪がついてしまうからです。

腹部の内臓は、腹膜という袋のなかに入っています。

骨盤が後ろに傾いたままだと、背骨の生理湾曲が失われ、肩が前に出て肋骨の前面が潰れます。その潰れた肋骨が腹膜を押し下げていきます。すると内臓全体が下がり、下腹がぽっこりと出てしまうのです。

内臓が入っている腹膜の上には横隔膜が、下には骨盤底筋群があり、さらに背中側を腸腰筋が、前側を腹直筋が、その間を腹斜筋が支えています。

骨盤が後ろに倒れたままだと、腹膜を支えている腸腰筋、腹直筋、腹斜筋が縮んだ状態で固定されてしまいます。

当然、筋力は低下してしまい、支えてもらえなくなった腹膜はどんどん下がっていきます。

そして下がった内臓の周りには、衰えた筋肉の代わりに脂肪がつくのです。

ピラティスでは、腹膜を支える筋群たちを効率良く強化していきます。

ポッコリお腹のダイエットには非常に効果的です。

 


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793