風邪・花粉症・アトピー

免疫力と私達の手技療法との関連

実際の免疫力については、私達が行う手技療法とどのように関わりあうかは全く知る由もありません。

また、クライアントの免疫機能が果たしてどのように変化し推移したのか、それを科学的に立証することは医師の領域です。

まして、伝染病や感染症を私達が手がけることはないですし、伝染病の治療のために発案された手技を、私達は主として疼痛疾患に活用しているわけです。

ところで、脊柱を主とした手技療法を続け、月2~4回の頻度で半年から一年位経過すると、クライアントは決まったように風邪をひかなくなったと言います。ひいてもすぐ治ってしまうとも。

また、花粉症をはじめアトピー性皮膚炎、暖房による蕁麻疹などの皮膚病変や気管支喘息も軽快することが多いです。

前者の風邪はウイルスが主ですし、後者のいくつかはアレルギーによるものです。

いずれにしても、この両者は免疫に関係しています。

数少ない例ではありますが、私達の手技療法も免疫機能の好転がそこに認められるのではないかと推測されるのです。

※※免疫とアレルギー

抗原抗体反応を同一の基盤としながらも、その反応の結果が生体を守るように働くのが免疫であり、反応が過剰になりすぎ、かえって生体を障害する場合をアレルギーという。

 

 


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793