ビタミンAの不足はなぜ悪い

目のふち、つまり結膜にも、鼻の孔にも、口にも、のどにも、骨にも、腸にも粘膜があります。
その粘膜を構成する重要な物質の一つに「コンドロイチン硫酸」があります。

コンドロイチン硫酸の材料は、ブドウ糖やイオウなどですから、これがなくては正常な粘膜はつくれません。

これらの材料からコンドロイチン硫酸を合成するとき、ビタミンAが活躍します。

したがって、ビタミンAが不足しても、粘膜は不完全になります。

われわれ日本人に胃ガンが多いのは、ビタミンA不足のせいだといわれますが、胃壁が正常でないとすれば、これはもっともなことです。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍なども、ビタミンAの不足と無関係とは思えません。
コンドロイチン硫酸が不足の粘膜は粘液が欠乏し、角質化して乾燥します。
ビタミンAの不足は鳥目に結びつけられていますが、これは、網膜の感光色素「視紅」がビタミンAをふくむためです。

ビタミンAには、A1とA2とがあって、視紅のものはA1に限られます。

海産魚のものは全部がA1ですが、淡水産魚のものは大部分がA2です。

ビタミンAが不足すると、皮膚の結合組織のコンドロイチン硫酸が不足し、手が荒れたり、ウオノメができたりします。

 


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793