鼻血はどうすると出るか

鼻血とは、その字の通り、鼻からの出血です。鼻血は鼻孔から流れ出すので、出血部位は見えませんが、それは実はほぼ一定しています。その部位は次の方法で突き止められます。

まず、二本の指で鼻すじをつまみ、それを下から上方にずらせて行きます。すると、鼻中隔軟膏(鼻骨)に接したところに、二本の指がぶつかります。ここを押し付けていれば、鼻血は止まります。出血部位はここだったのです。しばらくそのままにしていれば、血液は凝固し、鼻血は止まります。

この部位の粘膜の直下の浅いところに、頸動脈の分枝と、下顎と上くちびるからきた動脈とがきています。太い動脈がこんな浅いところにあるのは、他に例がありません。そのために、この動脈が特に破れやすいのです。

この部位の動脈が破れる原因としては、打撲のほか、顔を洗う時に強くこするとか、鼻を強くかむとか、あるいは、汚染のある空気、冷たい空気、乾いた空気などの刺激を受ける、などをあげることができます。
高血圧の人の場合、この動脈は破れやすい。体液がアルカリ性ならば、鼻血はすぐに止まるのが普通です。

たいていの鼻血はビタミンKの投与で止まります。もちろん即効性を求めるのなら注射です。

 

 


マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793