ぎっくり腰・急性腰痛について

ぎっくり腰・急性腰痛の症状

ぎっくり腰は重いものを持ち上げようとしたときに起こると思われがちですが、
ちょっと体をひねったり、何か物を取ろうとした時など、
普段の動作でも起こります。

また、重労働や悪い姿勢を続ける事により、腰部、背骨の脇、臀部(お尻の部分)に痛みを生じて、腰が曲げられない、腰を反らす事が困難になる、寝返りをする時に腰に痛みを感じる、前かがみでしか歩けない等の症状が現れます。
腰痛の程度が激痛である事も多々あります。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因には、大きく分けて、仙腸関節の問題、また腰椎部の損傷がある場合があります。
ぎっくり腰は、重いものを持ち上げる、腰をねじる等の動作により生じる事が多いのですが、運動不足で筋力が弱ってきたり、重労働で筋肉が疲労していたり、デスクワーク等で長時間椅子に座りっぱなしなど、悪い姿勢を続ける事が原因で、ぎっくり腰を発症する事もあります。

このように、ぎっくり腰は、重いものを持ち上げたり、腰をねじる等の動作を行わなくても、筋肉等の疲労原因が重なる事で、ぎっくり腰を生じ、朝起きると全く動けないというような状態になる事もあります。

ぎっくり腰のほとんどは、普段の癖や悪い姿勢、睡眠不足、肉体的・精神的ストレスなどの、日常生活での負担が積もり積もって起こりますので、
その根本原因を改善していかなければ、症状をいつまでも繰り返すことになってしまいます。
ぎっくり腰の中には腰椎椎間板ヘルニアなどの重症な例もありますが、ほとんどは筋肉の強い緊張や関節のずれ、捻挫などです。
放っておくとぎっくり腰が再発する可能性が高くなるので注意が必要です。

ぎっくり腰の病院での対処

一般の医学において、
ぎっくり腰とは、腰部に痛みがあり、内臓疾患でもなく、レントゲン写真を撮っても異常が見られないものの総称で、医学用語では急性腰痛症といいます。
接骨院では腰椎捻挫といわれることが多いようです。

病院(整形外科)での治療は、牽引、湿布と痛み止め薬が一般的で、低周波治療やコルセットの着用もあります。
安静にしているように指導され、1~2週間で治るものが普通といわれています。

当院でのぎっくり腰治療

当院の場合、
・緩んだ骨盤の仙腸関節や腰椎の椎間関節を締める矯正
・異常緊張を起こした腸腰筋の正常化
が主です。

もし、ぎっくり腰になった場合に、どう対処をすればいいのかと言いますと、
患側(痛い側)を上にして、ひとまず横になる事です。

そうして動けるようになってから、初めて来院されることをお勧め致します。

ぎっくり腰になった時は、早めに適切な整体治療を受ける事が望ましいです。腕の良い整体院であれば、大抵の場合、一回の施術で痛みの7割は消失します。

自己流で治療しますと、ずっと痛みが残ったり、あるいは椎間板ヘルニアであったり、坐骨神経痛になっていく場合もありますので、そうならないよう早めの処置が大切だと思います。


マッサージで改善しない腰痛•ぎっくり腰•ヘルニアの解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793