なで肩は整体でなおるか

〜逗子・葉山・鎌倉・横須賀の整体【Reformer逗子院】のコラム〜

 

なで肩は生まれつきとは限りません。それどころか、多くは肩関節の癒着が原因で、生後に起こるものなのです。

癒着があると、成長期に体操や鉄棒といった運動で腕を真上(180度)以上に上げようとしても、肩関節が十分に動きません。

そこで、肩甲骨が肩関節の動きを補おうと働きます。癒着がひどい場合には、肩甲骨が体の外側に移動し、その結果として肩関節全体が外側に移動することになります。この時、背中に痛みが起こります。

しかし、そのような移動があっても、肩関節を前方から支える鎖骨の長さは変わりません。このため、鎖骨の先端にある肩鎖関節は下方に下がり、さらに前方に移動して、すぼみ肩となるのです。

同時に、肩関節全体が下がります。これが、なで肩の起こるプロセスなのです。

したがって、なで肩の方には、たいてい癒着があり、肩こりを訴えるのは当然ということになります。

このようなケースでは、癒着の判定を行なうと、肩甲骨が体の外側に飛び出すのが特徴です。

なで肩、すぼみ肩で肩こりに悩んでいる方は、いくら姿勢を矯正してもよくなりません。
肩の癒着をとり、根本的な問題を解消する必要があります。

 

 

マッサージで改善しない首肩こり•腰痛•ぎっくり腰•頭痛•膝痛•関節痛の解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793