脊柱管狭窄症(椎間狭小)への整体

今までに逗子市をはじめ、鎌倉市・葉山町・横須賀市など、脊柱管狭窄症のかたを整体で多くみてきました。その施術経験から、脊柱管狭窄症のかたでも当院の整体施術で改善すると考えられます。

《脊柱管狭窄症(椎間狭小)への整体》

50代以上の腰痛患者に圧倒的に多い症状であり、60代を超えると、他の合併症があってもほとんどがこれに該当します。最近は皆さん筋肉をあまり使わないので30代後半から40代の人も多く見受けられます。

さて、この脊柱管狭窄症というのはどういうものかというと、椎間板ヘルニアの髄核突出後に椎間板が薄くなった状態と似ています。ただ、これが生理的老化現象として起こったものが、脊柱管狭窄症ということです。
要するに、年と共に椎間板が水分を失い縮んで薄くなるため、椎間孔が絞扼され神経根へ圧迫が起こるのです。

症状としては、ほとんどが腰部の痛みより、脚の痛みやしびれの方が大きいようです。出る部位は大腿部裏、ふくらはぎ、膝横、足裏や足指先などです。これは、椎間板ヘルニアや腰椎4、5番の椎骨変位と同じ症状です。

なお、老化現象を伴っているので、変形性脊椎症を併発しているケースも多く見受けられます。「変形性」とは、椎骨がもろくなるために、椎骨の端がささくれてきたり、骨棘といって骨端がとがって出てくる状態です。この変形性は、骨粗鬆のある女性で60代以降に併発することが多いようです。

問題なのは、脊柱管狭窄症という診断が誤診であるケースが多いことです。狭くなった椎間が原因ではないのにブロック注射を何度も繰り返し、何十年も棒に振った挙句、最終的に脊柱管狭窄症ではないと診断される方もおられます。医師の診断能力には相当な差がありますので、簡単に諦めないでください。

腰痛と誤診

整体での施術方法としては、40代50代の方であれば、筋肉の緩和と椎間を広げる調整でほとんど直ります。
しかし、60代になると、一旦は直っても再発するケースが多いです。また、70代後半からは、筋肉の緩和操作によりある程度、楽にすることができますが、整体施術のみで完全に直ることは難しいです。いずれの場合も個人差があります。

ただし、整体施術だけでは難しいケースであっても、当店では個々に合わせた分子栄養療法を実践して頂くことによって、非常に良い結果が出ています。


マッサージで改善しない腰痛•ぎっくり腰•ヘルニアの解消なら
Reformer逗子院 ~整体院&マシンピラティススタジオ~
神奈川県逗子市逗子3-2-24 矢部ビル2F
☎︎
050-5884-7793